DNA鑑定

DNA鑑定

DNAによる親子鑑定

DNA鑑定では、個人の識別やある親子関係(親子鑑定)について生物学的血縁関係の有無を鑑定する事である。

母子関係は出産により事実が明らかなので、父子鑑定を中心に行われる。

弊社では、年間15件程のDNA鑑定依頼があります。

親子鑑定

親子鑑定

DNA鑑定で親子鑑定をする場合、一番多い鑑定方法は唾液を採取し、鑑定する方法です。

髪の毛や血液でも鑑定は出来ますが、殆どの方が子供と父親の親子鑑定の為、奥さんには内緒で行なわれるケースが多いです。


≪種類≫
認知請求事件(民法第779~787条)
結婚外で生まれた子が、父と思われる男性に認知を請求。
摘出認知請求事件(民法772~778条)
妻が婚姻中(結婚後200日~離婚後300日)に懐胎した子は自動的に夫の子である。夫が妻の不貞を疑い、自分の子でないと訴える。
親子関係不存在確認請求事件(戸籍法第113条)
実子でない子を実子とした違法な出生届。後日、戸籍の訂正を要求。
父を定める訴え(民法773条)
女は前婚の解消・取り消しの日から6ヶ月以上経過しないと再婚できない(民法733条)これに反して再婚して懐胎し、父を定められない時、裁判所が定める。
子の取り違い。
嬰児殺・殺害された子の親を定める場合。
強姦事件・胎児の父を捜査。

 従来の親子鑑定では血液型により判定していたが、最近の親子鑑定ではDNA鑑定により、確率の高い判定
 結果が得られ、血液型よりも有効とされています。

 検査方法は主に4つあり、唾液・毛髪・血液・体液からの検査が可能です。
 又、特殊な検査に関してはお問合せ下さい。

お電話でのご相談は、フリーダイヤルで!!

メールでのお問い合わせは、下記アドレスまでお願い致します。追ってご連絡させていただきます。お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

E-mail : info@heartbell.jp

電話でのお問い合わせは、フリーダイヤルで!!

お問い合わせはフリーダイヤルで