人事採用調査

人事採用調査

戦後の日本経済

戦後の日本経済は今日に至るまで、多少の波はあったものの大筋では大きな経済成長を続けて来ました。

物を作れば売れる時代でした。親会社からの価格の引き下げ要求や、納品時期の指定があったにせよ黙っていても仕事が入ってきました。

雇用環境もおおむね順調で、長い間人手不足は続き、優秀な人材は大手企業に行き、中小企業はその残りを採るしかありませんでした。大手も中小も知的に優れた者を良い人材と決め付け、参考のポイントはそこにおかれていました。

企業の人材

ビル

しかし、バブル崩壊後の日本経済は、大きな転機を余儀なくされています。

よそと同じ物を作っても売れません。少しくらいの生産性の向上では、とても海外での低賃金労働者によって作られた精算コストに太刀打ちできません。

これから海外に対抗していくためには、より付加価値の高い技術や新しい製品が望まれるところです。

そういった物を目指すためには、それに合った能力の持ち主を探し、育成していくことが必要とされて来ます。これまでは、従来の採用選考方法でよかったかも知れません。しかし、経済環境ががらりと変わる中で、新しい能力を持った人間が必要となってきているのです。

◆調査内容
採用にも正社員・パート・嘱託・アルバイト・新卒者・中途採用者という様に色々あります。経歴や適正について事実をご報告いたします。
履歴書の経歴の真偽・健康状態・知的能力・知恵・協調性・性格・精神力・行動力・積極性・生活態度・素行・交友関係・家族・その他あらゆる角度から調査致します。

お電話でのご相談は、フリーダイヤルで!!

メールでのお問い合わせは、下記アドレスまでお願い致します。追ってご連絡させていただきます。お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

E-mail : info@heartbell.jp

電話でのお問い合わせは、フリーダイヤルで!!

調査のご用命は、フリーダイヤルで