取り込み詐欺・産業スパイ・社員による横領などあらゆるリスクに対応します!

企業調査

企業信用調査

初めての取引をするのに相手会社の状況が不透明で心配!

この様な時は必ず相手会社の経営状況や取引先の数、営業年数、代表者の経歴や身上調査をお勧めいたします。

取引先を間違えれば、代金の回収が出来なくなったり、会社の運営に支障が出ることになります。費用は個別にお見積り致します。

当社の企業専門スタッフが貴社にお伺いしたり、誰にも知られず外で会う事も可能です。

企業のリスクを回避する調査の種類
取引先信用調査 貴社の新規取引先が安全な会社かどうか産業経営状態などを入念に調べます。
雇用前産業スパイ防止調査 面接だけでは見抜く事が出来ない産業スパイの入社を徹底した調査で阻止します。
社員の行動調査 社員が情報を漏洩していないか、または会社の売上金を私的に使用していないかなど徹底調査します。

海外市場マーケティングリサーチ

海外マーケティング調査

※海外進出を考えられている企業や個人経営者が最初にやる事。

1) 進出を考えてる地域の情報。

2) 立地条件や商品の購買率

3) 売り上げ低迷の理由

4) その他

※調査方法は定量調査・定性調査
1) ネットリサーチ調査
2) グループインタビュー
3) 覆面調査
4) その他

 調査の方法は様々ですが、相手を知らずに戦うのは決して得策ではありません。商売を始めてみてこんなはずでは無かったと悔やんでも後の祭りです。

ビジネスモデル・新規事業調査

市場調査

ビジネスの仕組みは、事業として何を行い、どこで収益を上げるのかという「儲けを生み出す具体的な仕組み」のことで、「どのような事業活動をしているのか、あるいは構想するかを表現する事業の構造のモデル」である。





1) 戦略:顧客に対して、仕組み (資源と活動)を基盤に、魅力づけして提供するかについて表現する。

2) オペレーション:戦略モデルを実現するための業務プロセスの構造を表現する。

3) 収益:事業活動の利益を確保するのか。収益方法とコスト構造を表現する。


ビジネスモデルの吟味・検討には、戦略・オペレーション・収益の3つが必要であり、戦略の方向がビジネスモデルと顧客との接点を吟味するため、最も重要です。

お電話でのご相談は、フリーダイヤルで!!

メールでのお問い合わせは、下記アドレスまでお願い致します。追ってご連絡させていただきます。お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

E-mail : info@heartbell.jp

電話でのお問い合わせは、フリーダイヤルで!!

お問い合わせはフリーダイヤルで